NO.581 骨粗鬆症NEW その14 「骨作りのための栄養素」

b0195635_17331952.jpg


さて、前回は「カルシウムだけではない!」という話をしましたが、今日は「骨作り」のための栄養素を一挙紹介です!



① 鉄筋(骨組み)

まず土台となる骨組みを作ります。縦横に走るスジで出来た土台。このスジが「コラーゲン」で、このスジが脆いと骨も脆くなります。コラーゲンはタンパク質からビタミンCの助けを借りて作りだします。

② 粘土

鉄筋部が出来たら、その上から粘土となる「ムコ多糖類」をしっかり補給する必要があります。ムコ多糖類は、コンドロイチンやヒアルロン酸、コラーゲンなどですが、それぞれビタミンA、ビタミンB、ビタミンCとタンパク質を使って作られます。

③ コンクリート

そして最後にコンクリートである「カルシウム」を流し込んで、骨が完成です!



そして・・・
骨作りには、たくさんの栄養素が関わります。

カルシウム :リン酸カルシウムとして骨を作り、骨基質を硬くする。
リン    :リン酸カルシウムとして骨を作り、骨基質を硬くする。
マグネシウム:リン酸マグネシウムとして骨を作る。骨芽細胞に必要。
亜鉛    :たんぱく質の代謝や骨芽細胞に必要。
ビタミンA :コンドロイチンを作るときに必要。破骨細胞に必要。
ビタミンB :ヒアルロン酸を作るときに必要。
ビタミンC :コラーゲンの繊維をつくるときに必要。
ビタミンD :小腸から血液へのカルシウム吸収を促進。
ビタミンK :骨質を向上させるオステオカルシンを作るときに必要。
たんぱく質 :骨基質のコラーゲン繊維を作るのに必要。



細かく言うと、他にもありますが・・・
骨作りには実はこれだけの栄養素が関わっているのですね^^。



まずはもちろんカルシウムですね。
カルシウムが骨基質にくっつかなければならない、また十分に蓄えなくてはいけないのですが、体内で作ること出来ないので、食事からしっかり摂るということにかかっていると思います。

そして次にここで書いてある中でも大切なのがビタミンD3です。
これは活性型ビタミンDと言われるもので、腸からカルシウムが吸収される時の吸収を高める成分なんです。なので、カルシウムだけではなかなか吸収出来ないところをDがあるから吸収出来るようになる、そういうことなんですね^^。またもう一つ大切なビタミンD3の大切な働きがあります。先程血液中に1%のカルシウムがあって、この1%のカルシウムが命に大切な働きをするとお話しましたが、これをビタミンDとさっきお話した副甲状腺ホルモンが共同して、血液中の体内カルシウムを補充していく働き、こういう働きもこのD3にはあります。

そしてリン酸カルシウムというのが、骨の成分として主役になるので、リンも大切です。
ただ最近の方は大抵リンは過剰に摂取しているケースが多いのです。逆に減らしたいと言ってもよいぐらい、そのぐらい多く摂ってしまっているミネラルなんです。実際カルシウムとリンは1:1が望ましい、譲ってもカルシウム1に対して2ぐらいだと言われているんですが、実は現在は4ぐらいあります。
・・・なぜでしょう?
実はこのリン、ほとんど食品添加物に入っています。どういう食品添加物かお分かりでしょうか?
例えば、かまぼこやさつま揚げ、これを魚のすり身から作ったままだったら、すぐ痛んじゃいますよね。また弾力性もない。実はスーパーなどに出ているこういったお惣菜のもにには全て添加物としてリンを使用しています。
やはり、市場のニーズに答えて、くしゃくしゃのかまぼこよりは弾力性のあるかまぼこの方が売れますよね?そういったことからポリリン酸入れるんです。その度にリンが増えるんですね。

話は少しそれましたが、過剰のリンもカルシウムを減少させるので、加工品の摂り過ぎも骨粗鬆症が増える原因の1つかもしれませんね・・・。



さて、もちろんタンパク質。これも必ず必要な栄養素です!
このテーマの前の記事でコラーゲンとオステオカルシンの話をしたと思いますが、タンパク質はとても重要なんです。
ただ少し難しくて、不足すると骨にマイナス効果ですが、逆に多すぎても腎臓からカルシウムを追い出したりするんです。なので適量を摂らなければならないですね^^。
じゃあどのぐらいの摂取量がちょうど良いのかということですが、骨だけに関してお話すると、体重に1.2gをかけてください。
それが必ず必要なたんぱく質量となります。
もちろん例外もあって、成長期のお子さん、骨が伸びる時期のお子さんは必要量は多くなるので、体重に1.4を掛けていきます。



今日は大まかな骨作りの栄養素をご紹介しましたが、次回からは1つ1つの栄養素についてじっくりとお話していきます。
人間の身体を作る栄養にもつながる話なので、とても勉強になると思いますよ。
楽しみにしていてくださいね^^



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2015-02-05 17:45 | 骨粗鬆症


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

NO.589 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-07 09:57
NO.588 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-05 09:44
NO.587 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-03 09:57
NO.586 骨粗鬆症NEW..
at 2015-02-21 10:28
NO.586 骨粗鬆症NEW..
at 2015-02-19 14:05

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
メンタル

画像一覧