NO.523 目の病気NEW その3 目の構造

b0195635_12271757.jpg


週初めは温かい日が続きましたが、昨日今日とちょっと肌寒いですね〜。

さて、今日は目の構造についてお話します。
下の図にあるのが、実際の目玉です。

ピンポン玉ぐらいの大きさをしています。前面は飛び出ていますが、奥は本当に綺麗な球形をしていて、入ってくる光が本当に均等に分散するようにという意味があるそうです。
だからこそ、まん丸といった形が一番良いのでしょう。しかし、実際には遺伝的に楕円型の眼球を持っている人種もいるらしいです。
そしてここの中は空洞ではなくて、真っ透明なセロハンのようなゼリーをイメージしてもらうと良いかもしれません。角膜も真っ透明な膜です。角膜は後ろの方まで続いていて、後ろの方は前面のように透明ではなく、真っ黒の強靭な膜になっていますね^^。


b0195635_1228209.gif



目玉というと、骨をくり抜いておさまっているようなものですよね。

そして外圧で歪むことのないようにきちんと丸さが保てるようにということで、頭蓋骨の中に目玉をおさめているわけです。さらに骨だけでは弱いので、一番外側に強靭な膜を用意して私たちは目玉の管理をしているのです。

お餅を焼いた時にプーっとふくれますよね^^。
そのお餅の部分が脳みそだと思ってください。そしてプーっとふくれた部分が眼球。ふくれた首のところが視神経という感じで考えるとわかりやすいと思います。
目玉は脳の一部ですから、骨や強靭な膜で覆われているとも言われています。もちろん脳みそなので、強い力で目玉を押さえてはいけません。どうしても目を押さえたい時は、本当に軽いタッチで押さえるということはよく言われることです。




このように目玉は脳みその一部で、前面に物を見るための仕組みがあり、ここ(水晶体)にカメラで言うレンズがあるのです。
レンズも真っ透明なゼリーで出来ていて、伸び縮み自在です。そして伸び縮みさせるために、タンパク質の糸がハンモックのように上下にくっついていて、両方からこうやって伸び縮みさせています。
縮んで丸くなったレンズは近くのものが見やすくなります。また伸びて広がったレンズでは遠くのものが見やすくなります。
従って、老眼の人は、自分の持ち前のこのレンズが引っ張られて薄くなっている厚みがない状態ということでもあります。

さて、光がこの真っ透明なレンズを通して入ってくるのですが、網膜の一番後ろの壁のところがフィルムの役目で映像を結ぶところ、そしてその結ばれた映像が視神経を通って脳みそに伝えられることで、実際、何色の何を見ているかという解析の答えを出してくるという、そういう仕組みになっています。




この図では上下に見える人差し指のような部分(虹彩)も伸び縮み出来る部分なんですが、これ全部筋肉で出来ていて、私たちの目を真っ正面から見て、真中は黒いですが、ちょっと茶色い放射線状に線が入ったところがあると思いますが、これが虹彩です。
光がとても入り過ぎる時は、この人差し指のところがギューっと近づいてきて、光の入る通路を細くします。カメラで言うと絞りの役目ですね。そして暗くなると、この人差し指の部分が縮んで開いてきて、光の入る通路が大きくなるから、夜は真中の黒目のところがとても大きいです。逆に日中は小さいですね。
このように調節を自動的にしているのです^^。

そして光が入ってきて、網膜のところで焦点を合わせなければならないので、このレンズには光を屈折するという役目があります。光がとても鋭角に屈折してしまう人は、焦点が前の方になってしまうので、この場合は近視です。逆に屈折が緩い場合は、後ろに焦点を結びますから、これの場合は遠視ですね。乱視は、左右上下の屈折率が違ってあちこちに光行ってしまいます。

それで、たとえば近視の人は外にレンズを付けて矯正することで、光を後ろの網膜に合わせるように調節をするとかしているわけです。




いかがでしたか?
目の構造。
いろんな仕組みがあって面白いと思いませんか^^。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2014-10-02 12:36 | 目の病気


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

NO.589 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-07 09:57
NO.588 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-05 09:44
NO.587 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-03 09:57
NO.586 骨粗鬆症NEW..
at 2015-02-21 10:28
NO.586 骨粗鬆症NEW..
at 2015-02-19 14:05

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
メンタル

画像一覧