人気ブログランキング |

NO.504 生理前症候群PMS その11 「エストロゲン優位の原因その1 ストレス」

b0195635_1324585.jpg


今日は、前回お話したエストロゲン過剰になっている背景の1つである「ストレス」についてお話しましょう!
エストロゲンとプロゲステロンのバランスで、エストロゲンが過剰になる原因の1つが「精神的・物理的ストレス」です。

先に要点をお話すると・・・

1.プロゲステロンが、副腎から分泌されるホルモンの材料になっているということ
2.プロゲステロンとコルチゾールは細胞内の共通レセプターの競合相手であるということ
3.ストレスはプロラクチンのレベルをあげ、プロゲステロンを抑制するということ


これらが理由でストレスが多くなると、エストロゲンが過剰になることにつながるのです。




さて、ではこれからこの3点について詳しく説明していきましょう^^。




1.プロゲステロンが、副腎から分泌されるホルモンの材料になっているということ

プロゲステロンは、DHEAには直接関わるわけではありませんが、同じ副腎が生産するコルチゾールやアルドステロンの材料となるホルモンです。

その代謝経路を少し書いてみると・・・
プロゲステロン → 17-ヒドロキシプロゲステロン → デオキシコルチゾール
→ コルチゾール

プロゲステロン → デオキシコルチコステロン → アルドステロン

このようにプロゲステロンが、コルチゾールやアルドステロンの材料となっているわけです。なので、ストレスによって副腎から分泌されるこれらのホルモンの需要が高くなってくると、同様にプロゲステロンの需要も高まります。こういったことが続くとプロゲステロン量は低下し、逆にエストロゲンが上昇し始めます。
またストレスや炎症拡大などによって過剰になったコルチゾールは、プロゲステロンの受容体の働きを抑制してしまうので、さらにプロゲステロン量は低下してしまうことにつながります。



2.プロゲステロンとコルチゾールは細胞内の共通レセプターの競合相手であるということ

先程お話したように、ストレスは、コルチゾールのレベルを上昇させます。コルチゾールは、恐れ、危険、あるいは競争意識といった感情への反応として主に副腎から放出されるホルモンであり、多過ぎると、コルチゾールはイライラ、怒り、激怒といった感情を刺激します。
疲れを押して、来る日も来る日も自分を駆り立てて働いても、コルチゾールは放出されます。コルチゾールは予備のエネルギー・システムと考えても良いかもしれません。停電になった時には、電力を補う乾電池と同じように、一時的には頼れますが、正規の電力の代わりにずっと使い続けることはできません。そんなことをしようものなら、乾電池も底をつき、大切な電源さえも失うことになります。同じようにコルチゾールと副腎に依存し続けることは出来ません。
いずれは臓器を消耗し、慢性疲労に陥ることになるのです。

コルチゾールとプロゲステロンは細胞内の共通のレセプターを奪い合っています。
そのため、コルチゾールが多いとプロゲステロンの活動を損ねてしまうことにつながります。
またそのことが結果的に、エストロゲン過剰な状況を招いてしまうのです。
慢性的に高くなったコルチゾールは、PMSのよく知られた症状と一緒にエストロゲン優勢の直接の原因となっているわけですね。

またコルチゾールの高いレベルは、血糖にも影響を与えます。コルチゾールは、グルコース(血糖)を細胞へと流し込みます。最初に流れ込んだグルコースは、爽快かも知れませんが、20分もすると身体はもっと多くのグルコースを探すために過剰に働くことになります。すると、血糖とエネルギーを補充するために、チョコレートやクッキー、ポテトチップスを求めて、戸棚や引き出しを探しまわることになるのです。
こうした空っぽのカロリーの多くが脂肪に変換されます。そしてこのパターンを長く続けていると体重は減り、エネルギーを上げるのが難しくなります。
血糖値の変化は、また別の悪循環を作り出します。血液中の糖の数値が高くなると、アドレナリンの放出を刺激し、これが今度は、コルチゾールの放出を刺激します。この結果、もっと甘い物が急に欲しくなるという欲求が引き起こされるのです。
これが、続くともちろんプロゲステロン量も減っていくことは目に見えていますね。



3.ストレスはプロラクチンのレベルをあげ、プロゲステロンを抑制するということ

ストレスはさらにプロラクチンと呼ばれる、母乳を作るホルモンのレベルを上げます。
プロラクチンのレベルが高いと、プロゲステロンの製造を減少させ、その代わりにプロラクチンをもっと上げるように促すのです。
このプロラクチンとプロゲステロンの循環を示す良い例が、妊娠の最後の3ヶ月にある女性です。この時期はへその緒を通して、1日に300mgのプロゲステロンを作っていますが、出産時に、突然プロゲステロンのレベルが下がります。これは身体がプロラクチンのレベルを上げるようにと合図しているからです。そしてこれで母乳生成が促されるわけですね。
このようにして高いレベルのプロラクチンはプロゲステロンを抑制し、低いプロゲステロンのレベルが、プロラクチンの合成を促しています。
プロラクチンを高める他の要素には、甲状腺機能低下症、帯状疱疹、エストロゲン、ピル、そしてLドーパ、レゼルピン、フェノチアジン(精神病治療薬)などがあり、もっと範囲を広げると、抗潰瘍薬のメトクロプラマイド(レグラン)、タガメット、ザンタックなど胸焼けを治療するのに使用するH2ヒスタミン遮断薬があります。

プロゲステロンを抑えるプロラクチンの作用は、コルチゾールほど劇的ではありません。しかし、PMSにまつわるホルモンバランスに影響を与えていることには変わりなく、全体像を考えるうえで、考慮すべきもう1つの要素です。

コルチゾールとプロラクチンが過剰に分泌されているということはつまり、いまだに予備のエネルギー・システムを稼働させていることになります。プロゲステロン補給することは、コルチゾールとプロラクチンの高いレベルと、その結果起きているPMSの症状に対する部分的解毒薬になりますが、究極的にはコルチゾールを本来の正常なレベルに戻すことが必要になります。





いかがでしたか?
ストレスが身体に作用する影響の大きさにはビックリしますね。
特にエストロゲンとプロゲステロン比は大変重要です。

このバランスをとっていくことは、PMS改善には非常に重要なポイントになるわけですが、最終的には日常的なストレスをうまくコントロールしていくことが必要不可欠なわけです^^。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

by chiropratica | 2014-08-20 13:25 | 生理前症候群PMS


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

NO.589 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-07 09:57
NO.588 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-05 09:44
NO.587 骨粗鬆症NEW..
at 2015-03-03 09:57
NO.586 骨粗鬆症NEW..
at 2015-02-21 10:28
NO.586 骨粗鬆症NEW..
at 2015-02-19 14:05

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
メンタル

画像一覧