「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NO.410 マグネシウムの話 その9 「マグネシウムと運動」

b0195635_18512411.jpg


人が運動する時は、筋肉が収縮と弛緩を繰り返しています。
この筋肉の働きには、カルシウムとマグネシウムが深く関わっています。主にカルシウムが筋肉の収縮に関わり、マグネシウムが筋肉の弛緩に関係しています。
なので、もしカルシウムが過剰で、マグネシウムが少ないと、筋肉のけいれんと乳酸の蓄積が起こると言われているのですね。
カルシウムの過剰は、全身の筋肉を緊張、硬直させますが、カルシウムに対してバランスの取れたマグネシウム量を摂取していくと、こうした問題はなくなってきます。


特に運動を良くする方や、スポーツ選手の方には、マグネシウムの大切さは知っておいてもらいたい事実です^^。多くのスポーツ選手やそのコーチで認識されていないことですが、マグネシウムはスポーツ選手に必要な栄養素の中で最も大事なものなのです。



冒頭で述べた筋肉の収縮と弛緩以外にも、マグネシウムは身体を動かすエネルギーであるATP(アデノシン3リン酸)を作り出すのにも必要です。マグネシウムが不足してくると、身体のエネルギーレベルが低下していきます。それは身体の維持に必要なエネルギーが作り出されないからです。逆にマグネシウムをしっかり摂取すれば、エネルギーレベルが上昇します。
ある動物を使った研究では、マグネシウムが欠乏すると、運動能力が低下し、水に溶かしたマグネシウムを与えると、持続力の回復を見せたそうです。
また人で行われた研究でも、短時間の運動でも長時間の運動でも、マグネシウムを消費させることがわかっています。


マグネシウムは、本当にいろんなことに使われていますね^^。



ランナーズハイという言葉を知っていますか?
激しい運動をする人、特に長距離マラソンランナーなどは、トレーニング中、ある限界まで行くと壁にぶつかります。しかし、それでもプッシュして走り続けているとある浮遊感、ランナーズハイを感じるようになります。
これは身体が極限にまで達した時の副腎の働きによるものです。

限界まで来ると副腎からアドレナリンが噴出します。そうすると副腎からのアドレナリン・ラッシュいわゆるランナーズハイを味わうことになるわけです。
ちなみにこういう状態になる時には、自分の身体にとって運動がある意味ストレスになっています。
運動過剰の人や慢性疲労症候群の人などは特に運動自体が身体にストレスを加えるため、副腎がアドレナリンを分泌してこれに対応しようとするのです。
しかし、これをずっとやっていると副腎は疲労しきってしまいます。副腎に生じた損傷を修復して、練習中に失われたマグネシウムを取り戻しておかなければ、ランナーズハイの後に大きな怪我に見舞われることになります。

実際、副腎に負担をかけるような運動の仕方では、怪我が多いです。


こういったことの予防にもマグネシウムは、必要不可欠です。
マグネシウムがあれば、乳酸を蓄積させることなく、運動中に効率よく燃料を燃やし、エネルギーを作り出せます。



「The Magnesium Miracle」の本に載っている一つの例を紹介しましょう。

フロリダのある高校のアメリカン・フットボールチームのコーチには悩み事がありました。
それは選手達がしょっちゅう足のけいれんを訴えたからです。そこでコーチはある酷暑の日の過酷なゲームに先立ち、プレーヤーにカルシウム・サプリメントを飲ませました。
そうするとどうでしょう。ゲームが後半に入ると、11人の選手が方向感覚を失い、歩くことさえ困難になりました。またろれつが回らなくなり、筋肉けいれんを訴え、全員の呼吸が荒くなっていました。
1時間経たずして、8人が本格的な発作状態に陥り、2人が反復発作を起こしたのです。最も重い症状を示したのは、1番激しいプレーをした選手達でした。
それ以外の13人は、頭痛、かすみ目、筋肉けいれん、吐き気、脱力感を報告しています。

最終的には全員回復出来たのですが、一体何が起こったのでしょう?
感の良い方はわかるかもしれませんが、そうなんです!マグネシウムが欠乏したからだったのです!


実は具合が悪くなった選手全員が、試合前にマグネシウムが欠乏したファーストフードを食べています。
またその中身は炭水化物と脂肪が主体で、ソーダ飲料にはリン酸が含まれていたのです。
そして試合中には大汗をかいたために、マグネシウムの損失量が増加し、おまけにカルシウム・サプリメントが加わって、マグネシウムの体内量が危険なレベルにまで低下してしまったということだったのです!



マグネシウム欠乏は、突然心臓死の一因ともなります。
強靭な肉体を持ったスポーツ選手が、突然心筋梗塞などで死んでしまうニュースを聞いたことはありませんか?私が趣味でやっていた和太鼓でも、大太鼓を叩いている時に、突然死をしてしまった人の話を聞いたことがあります。

激しい運動は持続性のマグネシウム欠乏を引き起こし、これに伴ってコレステロール・トリグリセリド・血糖を長期にわたって増加させるという研究もありますが、極端に過激な運動を行うスポーツ選手や激しいトレーニングを集中的に行う人を襲う突然死は、持続的なマグネシウム欠乏による心臓血管系への有害作用がその引き金となっています。



自分自身にとって適度な運動を行うというのが身体にストレスのない一番の運動方法です。
そして、運動時はマグネシウムの補給をしてあげることが、身体のエネルギー効率を高め、怪我や突然死の予防になることは、是非覚えておいてくださいね^^。

ではでは。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2014-01-18 19:18 | マグネシウムの話

NO.409 マグネシウムの話 その8 「マグネシウムと筋肉の痙攣、こむら返り、レイノー症候群」

b0195635_1714431.jpg


こんにちは。
マグネシウムの話も今日で8回目になりました。
大分マグネシウムの大切さも理解して頂いたと思いますが、まだまだマグネシウムの関わっていることの半分も言えてないかもしれません。
今月後半はもう少し頻繁に書いていけそうなので、少しスピードアップして更新したいと思います。


今日お話することは、みなさんもよく経験していることだと思います。
しかし、これがマグネシウム不足によって起こることはほとんどの人が知らないかもしれません。


マグネシウムは筋肉の働きに深く関わっています。
1.マグネシウムは筋肉を弛緩させます。
2.マグネシウムは痙攣をなくします。
3.マグネシウムは血管を弛緩させます。

みなさん、筋肉がつったり、筋肉が収縮状態に陥ってしまったり、チック症状(顔面けいれん)、筋肉のけいれんなどが起こったことはありませんか?
これらの筋収縮は他でもないまさにマグネシウムの欠乏のサインです。
通常筋肉の収縮にはカルシウムが関わっていますが、バランス的に筋肉を弛緩させるマグネシウムが不足していると、筋肉がつったり、痙攣することが起こりやすくなります。



特に疲れている時などに、目や唇、足などの小さな筋肉がずっと痙攣することがあると思います。
あれはエネルギーを使い果たしたり、ストレス状態が続くことで、マグネシウムが不足してしまっているサインでもあります。
そういう時は、是非マグネシウムのスプレーを手元においておくことをお勧めします^^。

シュッシュッと吹きかけてマグネシウムを皮膚から吸収させると、神経系がリラックスし、症状が緩和してくるでしょう。マグネシウムオイルのことはこのテーマの最後の方で、紹介しますが、とても有効なサプリメントの一つです。手や足などの皮膚が弱くない部分にスプレーすると良いですね。



またレイノー症候群にもマグネシウムは有効です。

レイノー症候群とは、寒冷刺激を受けた時、あるいは精神的な緊張などで、手足の指の血管が急に痙攣を起こし、血液が流れづらくなるものです。血流障害が起きると、指の色が蒼白そして青紫色に変わります。こういったものをレイノー症候群というのですが、他の慢性病、たとえば結合組織系の障害、外傷、肺高血圧症、膠原病などで発症する場合もあります。

レイノー症候群は、主として若い女性に多くみられるのですが、この症候群にもマグネシウムが有効です。
マグネシウムを適量摂ると、マグネシウムが血液循環を良くし、痙攣を止めてくれます。またストレスに対する反応を最小限にしてくれるのですね^^。



よく足がつる、目や瞼、頬の痙攣がよくある、レイノー症候群で悩んでいる、そういった方は是非是非マグネシウムを試してみてくだささい。またマグネシウムを多く含む食材には、ナッツ類、種子類、緑黄色野菜、未精製の穀類があげられます。
こういったものを普段の食生活に取り入れてあげると、症状の改善には多いに役立ってくれると思います^^。

次回は「マグネシウムと運動」についてです。
お楽しみに〜。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2014-01-16 11:43 | マグネシウムの話

NO.408 マグネシウムの話 その7 「マグネシウムと低血糖症」

b0195635_1418334.jpg


みなさん、新年明けましておめでとうございます。
今年初の投稿になります。
今年の正月は比較的暖かい日が続き、過ごしやすかったですね^^。
私ものんびりと家族と過ごすことが出来ました。

今年もどうぞThink Healthをよろしくお願いします。
健康であるから、楽しいことが出来ます。そして自分はもとより家族も幸せでいれます。
今年も、みなさんの健康のために少しでも多くの情報を発信出来たらと思っています!


さて、年末から引き続き、マグネシウムという大事なミネラルについてのお話をしていきましょう。
今日はマグネシウムが血糖調節にも重要な役割をするということについてです。
みなさん低血糖症はご存知でしょうか?
知らない方はこちらからお読みになるとわかりやすいかと思います。



医学的に言うと、低血糖とは血糖(血液中のブドウ糖)がdℓあたり50mg以下になることです(通常は80〜100mg)。
白いお砂糖や、白い小麦粉が大量に入った食事をすると、血糖値が急激に上昇していきます。そうすると膵臓がインスリンを分泌し、血流に入ったインスリンは余分なブドウ糖を急いで体細胞内に取り込みます。そうすることで、血糖値が低下していくのですが、こういったものを頻繁に食べていると、血糖値の乱高下が激しくなり、正常な血糖値を下回る時が出てきます。
これが反応性の低血糖と呼ばれるものです。
また低血糖は身体にとって危険な状態のため、副腎という臓器がアドレナリンを出しながら、なんとか血糖が減りすぎないようにします。ちなみにこのアドレナリン、うつやパニックの回でもお話しましたが、精神的に不安定な状態も作り出します。アドレナリンが肝臓に貯蔵された糖を使って血糖を増やしていくと同時に闘争反応や逃避反応を起こすようにもなります。また不安感や絶望感などを感じることもあります。

うつやパニックの回でお話したようにこういう状態になると身体はまさにマグネシウム不足です。

マグネシウムは、血糖値を調節する仕事をしているので、まさにこういった血糖値の問題には不可欠になります。また脳に対する興奮性の物質などを抑制する働きもするので、マグネシウムが不足しなければ、片頭痛やてんかん、卒中なども起こりずらいと言えます。

マグネシウムやはり重要ですね。




マグネシウムは、インスリンが糖を細胞に取り込む作用をする時に必ず必要になってくるので、マグネシウム不足になると血糖値の調節がうまく出来なくなります。また精製された炭水化物の摂り過ぎはマグネシウムを過剰に消費し、マグネシウム不足を引き起こします。

歴史的にもマグネシウムが多く含まれていた大麦や雑穀の摂取量が激減した時から、糖尿病が増えていまことからもマグネシウムの大切さがわかるのではないでしょうか。
研究でもマグネシウムの摂取量が多い方が糖尿病になりにくいことがわかっています。
アメリカで2型糖尿病の患者を調べたところ、多くの方がマグネシウム不足であることがわかりました。またメキシコでの研究ではマグネシウムレベルが低い糖尿病患者にマグネシウムを摂取してもらうと、糖尿病が改善することがわかっています。
このように、マグネシウムは血糖値を調節する役割をするということ、そして膵臓から分泌されるインスリンの分泌にも機能にも関連しているので、血糖値調節にはマグネシウムは不可欠ということになりますね。



私も精製された炭水化物の摂り過ぎなどの問題、そして低血糖症などの血糖値の問題の方にはマグネシウムはよく摂ってもらう栄養素の一つです。

ではでは。
次回もお楽しみに〜。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2014-01-08 16:47 | マグネシウムの話


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

NO.600 食物アレルギー..
at 2015-08-19 17:22
NO.599 食物アレルギー..
at 2015-08-12 13:57
NO.598 食物アレルギー..
at 2015-06-17 18:00
NO.597 食物アレルギー..
at 2015-06-10 12:11
NO.596 食物アレルギー..
at 2015-06-03 19:18

以前の記事

2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧