<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NO.370 更年期障害 その4 「更年期障害の症状」

b0195635_18584731.jpg


前回までのシリーズで、女性の月経周期や脳との関わりがよく理解頂けたのではないかと思います。
また脳(視床下部と脳下垂体)の刺激ホルモンを通した命令によって、卵胞や黄体から女性ホルモンが分泌されることもお話してきました。


さて、この卵子が作られる卵胞なのですが、実は年齢とともに減少していきます。
生まれた時、卵胞は100万個以上あるのですが、そこからどんどん減ってきます。18歳くらいの時に10万〜15万、20万くらい、20歳くらいで平均15万個の量と言われています。そしてさらに閉経近くになると、5,000個以下にもなってしまうのです。年齢があがるごとに妊娠率も低くなるというのは納得ですね。


卵胞が少なくなると、脳がいくら命令してもエストロゲンがなかなか作られません。そして、それがホルモンバランスの乱れにもつながると言えます。
またみなさんももうお気づきかもしれませんが、卵胞が少なくなるということは黄体も少なくなるということですよね。そうなると、そこから分泌されるプロゲステロンも同じように少なくなってきます。


通常、卵胞減少に伴い、エストロゲンの血中濃度が少なくなってくると脳ではエストロゲンの減少を察知し、卵胞刺激ホルモンが増えてきます。また閉経近くになってくるとこの動きがさらに強まり、刺激ホルモンはパワフルに多くなってきます。刺激ホルモンを送ってもなかなかエストロゲンが増えないので、視床下部からのゴナドトロピン放出ホルモンも多くなってきますよね。
実はこれらのホルモンが一様に脳に増えてくることがホルモンのアンバランスにつながってきます。
ホルモンの中枢である視床下部と同じところに自律神経の中枢もあるので、こういったホルモンのアンバランスは、自律神経の乱れにも影響を与えることになるのです。


こういうことが更年期障害の発端になってくると言われています。


更年期では、こういったホルモンのアンバランスや、その他に感情やストレスに関わる部分、また鬱などの症状から様々な症状が起こってきます。
特にこの時期というのは、旦那さんのお仕事が忙しい時期と重なったり、子供も大きくなって転機を迎える時だったり、両親の介護のことで悩んでいたりといろんなストレスがかかってくる時期とも重なるものなのです。
また閉経は女性でなくなったというショックが大きい方もいらっしゃいますよね。

こういった様々な影響から更年期障害は起こってきます。



もちろんホルモンのアンバランスは、一番大きな問題ではあるのですが、ホルモン補充療法が全ての解決になるかというと決してそうではありません。
場合によっては補充しても全く症状が変わらなかったり、逆に調子悪くなったりすることも多いのです。
更年期障害の原因がその人の何にあるのかが一番重要になってきます。

ストレスによる副腎疲労なのか、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが悪くて起きているのか、またはそれ以外の問題なのか。

こういった問題は、やはりその人の背景や問診でお話を聞くこと、そしてホルモンの量を調べたりすることで、的確な判断が出来ると思います^^。





さて、更年期障害の症状についてですが・・・


○血管運動・神経系

のぼせ、ほてり、冷え、動悸、頻脈

○精神神経系

頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、憂鬱感

○消化器系

食欲不振、便秘、腹部膨満感

○運動器官系

肩こり、腰痛、関節痛、背部痛

○泌尿器・生殖器系

頻尿、残尿感、血尿、性器下垂感、月経異常、性欲低下、性交痛、外陰掻痒感

○知覚神経系

しびれ感、知覚過敏、蟻走感、掻痒感

○皮膚・分泌系

しみ、しわ、湿疹、発汗、口内乾燥、眼球乾燥、唾液分泌異常、舌痛症


・・・とこんなにたくさんあります。
これは、ホルモン系だけでなく、自律神経も揺さぶられることで起こっています。自律神経は全身支配ですので、全ての系統に影響を及ぼしてきます。それこそ、種々雑多というか、不定愁訴といわれるものも本当に多く、いろいろな症状が出てくるのですね。
人によっては、全ての症状が出現したり、かなり辛い思いをしている方もいるのが現実です。


次に男性と女性の症状のベスト5もお話しましょう。


男性
1.疲れやすい
2.肩こり、腰痛、手足の節々に痛みがある
3.夜眠ってもすぐに目を覚ましやすい
4.夜なかなか寝付けない
5.腰や手足が冷える


女性
1.顔がほてる
2.腰や手足が冷える
3.肩こり、腰痛、手足の節々に痛みがある
4.汗をかきやすい
5.疲れやすい


男性なんかの症状は、疲れでも出てきそうなもので、気付きづらいのですが、症状が重なってくると何かおかしいなと気付きます。
女性は特に多くの症状を抱える方もいるので、比較的すぐに気付かれる方が多いかもしれませんね。

どちらにしても閉経を迎えるのも、ホルモンが少なくなるのも自然な流れなので、怖がることではないのですが、近年の方はこれらの症状で悩んでいる方も多くいるのが現実です。


次回は、症状が強く出やすいのはどんなタイプの人が多いかを話していきます。
お楽しみに。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2013-01-31 18:59 | 更年期障害

NO.369 更年期障害 その3 「脳と女性のホルモンの関わり」

b0195635_18404080.jpg


寒い日が続きますね。
先日、休日軽井沢に行ってきましたが、ここ2〜3年の中では一番雪があったかもしれません。


前回の生理周期のお話で、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンが大切だという話はしました。
しかし、これらのホルモンが勝手に出てきているのかというと、そうではありません。

これには、脳にある視床下部と脳下垂体というところが関わってきます。
今日はその部分についてお話していきますね^^。



視床下部と脳下垂体は、いままでお話してきた2つのホルモンのコントロールをしています。
視床下部は脳下垂体のすぐ上にあり、ここからは脳下垂体に命令を出すホルモンがまず出てきます。これをGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)と言います。
視床下部は脳下垂体に命令を出す司令部でもあるのですが、視床下部から分泌されるGnRHが脳下垂体の方に命令をするわけです。
そして今度は、命令を下された脳下垂体から刺激ホルモンが2種類出てくるのです。
その中の1つをFSH(卵胞刺激ホルモン)と言い、もう1つをLH(黄体化ホルモン)と言います。

まず、FSH「卵胞刺激ホルモン」が何をするのかというと、未熟な卵胞を成熟させるために働くのが1つの働きで、もう1つが成熟させた卵胞からエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌させる働きなのです。
これで勝手に卵胞からエストロゲンが出ているわけではないというのがわかったと思います。
全て脳からの指令だったわけです^^。


体内のエストロゲンレベルが下がってきて、視床下部がそれを察知するとGnRHを介して、脳下垂体に命令し、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンFSHが分泌されて、エストロゲンの補充が行われるのです。そして血中でエストロゲンが十分補給されるとフィードバックがあり、これらの命令系はおやすみとなるわけですね。

こうやって常にエストロゲンのレベルは脳で監視されています。

さて、先程の卵胞刺激ホルモンに戻りますが、このホルモンは卵胞から1つの卵子を放出させる作用もあります。ただ、この作用は卵胞刺激ホルモンだけでなく、もう1つのLH「黄体化ホルモン」も一緒になって排卵を促します。
では、この黄体化ホルモンというものは、一体何かということですよね。
前回も言いましたが、排卵が行われて空っぽになった卵胞が黄体というものに変化をしていきます。
そう。この卵胞を黄体に変化させる働きをこのホルモンは担っています。

この黄体から出るのが、プロゲステロン(黄体ホルモン)でしたね。



エストロゲン(卵胞ホルモン)は赤ちゃんのベットになる子宮内膜の細胞増殖を促して、子宮内膜を分厚くさせます。
そしてプロゲステロン(黄体ホルモン)はその子宮内膜の血流を盛んにしながら、栄養を送り込みます。こうやってプロゲステロンは栄養を送ることで受精卵を育てていく役目があるわけです。



いかがでしたか?
このような仕組みで、「脳」と女性器である「卵巣」は関係を持ちながら、毎月の月経周期を形成、調和しているのですね^^。
なかなか複雑な仕組みなのですよ。
また男性も似たような仕組みを持っていて、脳からの命令で精巣からテストステロンを分泌したり、プロゲステロンに似たようなホルモンも分泌しているのです。

脳からのこういった指令は本当に複雑で敏感なシステムです。
このコントロールをしている視床下部は、こうやってエストロゲンとプロゲステロンの量をコントロールしながら、ホルモンの影響力を調整し、タイミングを計ってゴナドトロピン放出ホルモン「GnRH」を作ったり、これを下垂体に届けているのです。




最後にもう一度流れをまとめておきましょう。

1.エストロゲンやプロゲステロンのレベルが低くなってくると、視床下部がそれを察知して、GnRHを作り脳下垂体に送ります。

2.脳下垂体がGnRHに刺激されると、卵胞刺激ホルモンであるFSHを卵巣に送ります。これが卵巣の中で卵胞の成熟を促す刺激となり、成熟に伴いエストロゲンも生成され、分泌されることになります。

3.エストロゲンが分泌されると、子宮内膜の細胞増殖を促し、赤ちゃんが着床しやすいように、内膜を分厚くしていきます。

4.卵胞から卵子が放出されます(排卵)。排卵が起こると空っぽになった卵胞は黄体化ホルモンLHの働きで黄体に変わり、この黄体がプロゲステロンを生成し、分泌することになります。

5.プロゲステロンは月経周期の後半で優勢になりながら、子宮内膜で受精卵が育つように栄養を送ります。

6.妊娠がなかった場合は、黄体が消え、エストロゲンとプロゲステロンの生成は低下をして、子宮内膜を排出する流れ(月経)となります。この時、エストロゲンやプロゲステロンは、代謝されたり、胆汁や尿を通じて体外に排出されることによって低下してきます。

7.エストロゲンとプロゲステロンのレベルは常に視床下部によって監視されているので、月経によってレベルが低下してくると、また視床下部がGnRHを分泌し、新たな月経周期が始まります。



今日は少し難しい内容だったかもしれませんが、女性の月経周期そして脳によるコントロールシステムがこのように複雑に絡み合いながら、行われていることがわかったのではないでしょうか。
こうやって見ていくと、女性で月経周期が乱れたり、月経前症候群があったり、無排卵だったりするのは、こういう複雑で過敏なシステムがうまく機能していないということになります。
これには自律神経や免疫機能などを乱してくるような、ストレスによる心の問題やアンバランスな食事による栄養バランス、そして人工的な薬物が関わってくることが想像できますね。
また様々なホルモンが関わってくる世界なので、ここに人工で作られているようなホルモンが加えられるといろんな影響が出てしまうことも理解できるのではないでしょうか。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2013-01-22 18:40 | 更年期障害

NO.368 更年期障害 その2 「生理周期の話とホルモン」

b0195635_17494933.jpg



さて、今日は女性のホルモンを理解していくために一番大事な月経とホルモンについて理解を深めて行きましょう。


月経「メンストラル」という言葉は、もともとはギリシャ語の月を意味する言葉から生まれたそうです。
月が満ちてから欠けるまでの期間という意味があるのですが、これはまさに女性の約一ヶ月の流れを表すのに最適な言葉かもしれません。


月経とは、みなさんもご存知の通り、女性の膣から出血が起こることを言いますよね。
またそういったことが起こるのは、思春期から閉経までの間に女性は妊娠をするために卵子や赤ちゃんのための膜などを準備するからです。そして受精が行われなかった場合、準備した膜は排泄されまた新たに作るということをしています。
この排泄時に起こる出血が月経と呼ばれるわけですが、約1ヶ月ごとでこの流れは起こっています。

考えてみると不思議ですよね。人間の神秘と言ってもよいのかもしれません。
ただ、月経周期には女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンが深く関わっており、この2つのホルモンによってこの月経周期がコントロールされています。
これからその話を詳しくしていきますね^^。



まず正常な月経の流れでは、25日〜28日毎に脳から「妊娠する準備をする」指令が送られます。そうすると、卵巣内の卵胞と呼ばれる袋の中で、数個〜数百個の卵子が成熟していきます。
卵胞は、卵巣にある卵子を作る専用細胞ですね。

生理周期は、約1週間ごとでホルモンの流れが変わっていくので、順に説明していくと、月経の第一週(月経の出血のあった直後)に卵胞が卵子の成熟を促す間に、卵胞ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」が非常に多く分泌されます。
このエストロゲンは、子宮内の組織形成と血液供給を促してくれます。
またその後の排卵までの1週間は、このホルモンがかなりたくさん出る時期です。

卵子が成熟し始めると、卵巣の外側の表面に送られ、10〜12日後に卵胞は割れ、卵子を子宮に送るために卵管に放出することになります。
これこそが排卵ですね。


その後(排卵後1週間)はエストロゲンが減る時期です。排卵後の1週間は、黄体ホルモンと呼ばれる「プロゲステロン」が増えてきます。
黄体とは何かというと、先程の卵胞から卵子が飛び出すことを排卵と言いましたが、排卵が行われて抜け殻になった卵胞はもういらないといったわけではなく、卵胞の抜け殻は黄体という黄色い粒に変わり、それはそれで大切な働きをしているわけです。
黄体と呼ぶのは、卵巣の表面に小さな黄色い物質としてくっ付いているからですね。

そしてこの黄体から出るのが、プロゲステロン。
月経周期後半の2週間の間このプロゲステロンがもっとも優勢になり、ピーク時には1日20mg作られると言われています。
この頃、エストロゲンも若干出ては来ているので、プロゲステロンはエストロゲンと一緒に働き、子宮内の組織と血液を調整させていくのです。

排卵後10〜12日の間に妊娠しなければ、この2つのホルモンのレベルは急速に減少します。
減少するとこれが月経出血を引き起こし、生理となるわけですね。




いかがでしょうか。
このように女性の1月の変化は1週間毎で変化をし、それが4回で月経周期になっているのです。
女性の身体の中の子供を生むための準備なのですが、とても良く出来ていると思いませんか?

この月経周期は前述のように、2つのホルモン、「エストロゲン」「プロゲステロン」によって、1週間毎に分かれてコントロールされ、正常な周期が作られています。



エストロゲンによって未熟な卵胞から成熟な卵胞になって、熟したものから卵子が出てきます。卵子が出てきて、精子と受精をし、子宮内膜に受精卵となってうまく着床すると赤ちゃんが生まれてきます。
このエストロゲンは、卵胞から出てきて、最終的に卵子を出して、子宮内膜を分厚くして、着床しやすいようにふかふかにしていく赤ちゃんのためのベット作りという役割があります。
その後、一旦エストロゲンが減って、なぜに次のプロゲステロンが出てくるかとういうと、受精卵が着床しやすいように栄養を送るためなのです。
プロゲステロンは、血流量を多くして、子宮内膜に受精卵のための栄養を送る役割があるのです。

エストロゲンはベット作り、プロゲステロンは受精卵のための栄養作りというわけですね。
女性はこの流れを毎月毎月、身体の中で行っているのです。
すごいですよね^^。




子宮の中に受精卵が着床しなかった場合、子宮内膜は捨てられ、これが月経の出血になるというお話はしましたが、もし、妊娠すると、プロゲステロンが増えて、子宮内膜は排泄されません。
妊娠期が進むとプロゲステロンは胎盤で作られるようになり、量も増え、胎児の発達が可能になります。

妊娠中の多い時期にはプロゲステロンは300〜400mgにもなると言われています。



今日は、更年期を理解する上で月経周期のお話は、避けて通れないのでお話させて頂きました。
また卵胞ホルモン「エストロゲン」も黄体ホルモン「プロゲステロン」も勝手に出てくるわけではなく、実は、視床下部と脳下垂体から命令されて出てきます。

次回はここらへんについてさらに詳しくお話していきましょうね^^。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2013-01-15 20:50 | 更年期障害

NO.367 更年期障害 その1 「女性特有の悩み」

b0195635_1736610.jpg


みなさん、明けましておめでとうございます。
今年も変わらず、健康について考えていくということで「think health」からたくさんの情報をお伝えしていきたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願いします^^。

さて、今日からは新しいテーマで「更年期」についてお話していきたいと思います。


女性から耳にする最も一般的な身体の悩みと言えば、肥満や慢性疲労、そううつ、頭痛、性欲の低下などがあります。そしてその他には子宮や乳房の病気、癌、月経に関わる問題、免疫系の問題、骨粗鬆症があります。そして近年、よく聞かれるのが更年期障害でしょう。

もちろん更年期障害は男性にもあって、それについてはこのテーマの後半で触れていきますが、やはり更年期障害というと、圧倒的に女性が多いのでまずは女性についてのお話をしていきます。



こういった女性が持つ特有の悩みや病気には、ある関連があります。
それはみなさんも知っていると思いますが、女性の主要なホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの不均衡によるものなのです。

一般的な婦人科の考えだと、更年期障害はエストロゲンが急激に減少するために起こると考えられていますが、実はエストロゲン以上にプロゲステロンが減ってしまうことによって起こる問題でもあるのです。
エストロゲンの中でも一番活性の強いのが、エストラジオールと呼ばれるホルモンです。
女性で50歳くらいなるとこのホルモンは急激に減ってきます。
またこの時期あまり知られていませんが、プロゲステロンの分泌量も同じように減るのです。
女性ホルモンは、思春期には急激に増えてきて、更年期で急に減ってくるのですね。
これらのホルモンの分泌については女性の生理的なものでもあるので、それが病気というわけではないのですが、変わっていく時期はたしかに身体が揺さぶられるかもしれません。



48歳±5歳。日本人の大体95%の人がこの辺りに更年期を迎えます。
では実際、更年期とはなんなのでしょう。



更年期とは、厳密にいえば、月経停止のことで、月経の周期が終わることをさします。
この分野の研究で有名なジョン・リー博士は、体のほてり、膣の乾燥、気分のむらといった更年期の女性が苦しむ症状は、西欧先進国の女性に特有のもので、開発途上の国々では知られていないと言います。
さらに文明化されていない文化圏では、更年期は静かな祝いごととして迎えられ、更年期は女性が子どもを産む時期を終え、より深い自己発見や精神的な目覚めの時期へ移行していくことを意味するとし、彼女たちは賢い老女となるとされています。
またそのコミュニティの中では何かの決定がなされる場合には、彼女たちは助言を求められ、その意見が尊重されているそうです。

先進諸国と比べて、なんという違いがあるのでしょう。
私たちの認識だと、どちらかというと更年期は老年への下降期でつらいものとして考えられ、みなさんも迎えたくないものと考えられているのではないでしょうか。


食生活の崩れや不健康なライフスタイル、環境汚染や文化的な習慣、そして人工に作られた合成ホルモンの使い方などの結果でこういうことが起こっているのかもしれませんが、実際の更年期は女性の一生の中ではごく自然な現象であり、病気ではありません。
また実は、更年期を迎えるのが遅ければ良いかというとそうではないのです。
初潮が早くて、閉経が遅いような方は、逆にエストロゲンにさらされる期間が長いので、乳ガンのリスクが高まります。
これについてはまた後に詳しく話しますが、女性ホルモンが背景にあるようなガンについて考えると早目に閉経が来た方が良いとも言われます。



ともかく、更年期の話をして行く前にまずは女性の月経周期でのホルモンの働きについて詳しくお話していきましょう^^。
次回をお楽しみに。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2013-01-10 23:37 | 更年期障害


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

NO.600 食物アレルギー..
at 2015-08-19 17:22
NO.599 食物アレルギー..
at 2015-08-12 13:57
NO.598 食物アレルギー..
at 2015-06-17 18:00
NO.597 食物アレルギー..
at 2015-06-10 12:11
NO.596 食物アレルギー..
at 2015-06-03 19:18

以前の記事

2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧