カテゴリ:生活習慣病( 2 )

NO.28 ブルーベリーとメタボリックシンドローム

前回に続いて、ブルーベリーの話題です。
ブルーベリーが生活習慣病にも良い果物なので、もう少しお話ししようと思いました。
実はこのブルーベリー、ポリフェノールの一種「アントシアニン」の抗酸化作用が注目され、サプリメントや医薬品などにも使用されているのですね^^。

ブルーベリーとは、ツツジ科スノキ属に含まれるベリー類の数種の総称で、中でもサプリメントや医薬品に使用されるのは、有効成分の含有量、バランスともに優れているビルベリー(ブルーベリーの俗称)です。ビリベリーは、日本のクロマメノキの近縁で、北欧の森林や北米の砂地に多く、栽培もされています。
独特のブルーブラックに熟す果実は、厚い果皮と果肉を備え、そこに強力な抗酸化作用で注目されているポリフェノールの一種であるアントシアニン、オリゴメリック・プロシアニジンを豊富に含むとされています。

この注目成分のポリフェノール。実は植物が、紫外線や虫などから自らを守るために作り出した物質「ファイトケミカル」の一種で、植物が光合成によって作り出した色素成分と渋み、苦み、えぐみの成分です。
こんな面白い話があります。ヨーロッパの方で、ブドウからポリフェノールを抽出する際に、年によってポリフェノール含有量が違うというのです。なんとポリフェノールが多い年というのは、虫が大量発生している年らしいのです。

植物が自分自身を守る「ファイトケミカル」まだまだ謎は多そうですね。
そして、このポリフェノールなどの「ファイトケミカル」は、人の身体の構成成分ではないのですが、免疫力向上、抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用などが注目されています。

アメリカの最新の研究報告では
メタボリックシンドロームの男女48名に、フリーズドライのブルーベリー飲料50gを8週間にわたって毎日摂取させたところ、血中グルコース濃度と脂質の状態には変化は出なかったが、収縮期血圧が6%、拡張期血圧が4%減少(対象群1.5%/1.2%の減少幅)したと報告しています。
また血漿酸化LDLやマロンジアルデヒドおよびヒドロキシノネナール(脂質酸化生成物)が男28%、女17%(対象群9%の減少幅)と大きく減少したとしています。

けっこうな量のブルーベリーを摂取していますが、ブルーベリーによって血圧が少し下がり、循環器系のリスク因子が改善されということですね。
これはメタボリックシンドロームの人にも朗報かもしれません。
あなどれないなブルーベリー^^。

でも糖分も多いので摂り過ぎにはご注意を・・・。


前述したサプリメントでも使用されるビルベリーは、有効成分を抽出し、エキスを加工した顆粒や、錠剤、カプセルのほか、ジュース、キャンディ、ガムなどの加工食品が多く出回っています。それらは、一般的にはブルーベリーの名称で売られていますが、糖分などしっかりとチェックしながら、摂取したいところです。
また生食用として市販されているブルーベリーは、ほとんどが品種改良された栽培種のブルーベリーで、ビルベリーほどの有効成分は含まれていないので、製品の成分、効能はしっかりと見極めたいですね。


身体に良いことは周知なポリフェーノール。
ですが、こうなるとなかなか摂取量は難しいですね。

先日お話を聞いた、日本ポリフェノール学会の会長である板倉弘重先生は、「ポリフェノールについてはまだ解明されていないことも多く、今ポリフェノールの最適な摂取量について研究を重ねているところです」とのこと。
また植物が外敵から守るための成分(虫を殺せるくらいの)でもあるので、大量摂取にはまだ疑問があるようです。食べ物から摂っている分には安心ですが、サプリメント等で補っている人は用量はしっかり守った方が良さそうですね。
またポリフェノール群の中でも、タンニンやカテキンは摂り過ぎで消化障害を起こす場合もあるし、多量に摂ると鉄と結合して、鉄欠乏に陥る場合もあります。
いくら身体に良いものでも摂り過ぎはよくないと言うことです。


まだまだ未知なファイトケミカル。そしてポリフェノール。
これからいろいろなことが解明されて、効能や摂取量がわかってくると良いですね^^。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2010-09-13 11:29 | 生活習慣病

NO.27 アントシアニンが眼精疲労を改善  「ブルーベリー」

b0195635_1422432.jpg


先日、木更津に住んでいる友人からたっぷりのブルーベリーが送られてきました。
大粒でとても甘いブルーベリー。幸せでした^^。

ということで、ブルーベリーの紹介。

ブルーベリーは、熟した果実が色素アントシアニンで青紫に色づくことからこう呼ばれるようになりました。
よく目に良いと言われるのはこのアントシアニンが作用すると言われています。

まだ確かなことではないのですが、アントシアニンは、網膜の視神経に存在する色素体ロドプシンに働きかけ、再合成を助けるとされています。ロドプシンは、光の刺激を受けると分解され、再合成されます。この分解・再合成の繰り返しの連続が視神経に伝わり、脳に到達することによって、ものが見える仕組みになっています。
しかし、目の酷使などによって再合成が間に合わなくなると、ものが見えにくくなったり、疲れ目になるとされており、アントシアニンがロドプシンの再合成を助けることで、眼精疲労を緩和するとされています。また視力障害の改善、糖尿病性網膜症の治療、老人性白内障の進行抑制などに効果があると言われています。
またアントシアニンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用や免疫力向上の効用があり、血圧を下げたり、活性酸素を抑制するので、生活習慣病の予防や老化防止の働きも期待できます。

ブルーベリーはつりがね状の花を鈴なりに咲かせ、果実がなるとその果皮に白い果粉(ブルーム)をつけます。この白い粉がふいている時が、熟して食べ頃のしるし。熟した後は痛みが早いのですぐ食べましょう。

ネイティブ・アメリカンたちは古くから野生種を食べていたと言われていますが、世界的に広まったのは果物として品種改良が進んだ20世紀のこと。流通している品種の大部分はアメリカ農務省の試験場が野生種を選んで、交配したもので、日本では、長野、岩手、青森などで栽培が盛んです。

青紫色の色素「アントシアニン」の他、ブルーベリーにはカリウムやビタミンC、ビタミンE、食物繊維が豊富です。特にビタミンEは、ガンや老化を予防する抗酸化作用があり、さらには血行よくして、肩こりや冷え症を改善します。

選ぶ時は・・・
皮の色が黒に近く濃いもの
大粒で少し平らなもの(生育がよい)
白い粉がふいているもの(新鮮)

を選ぶと良いでしょう。

またビタミンなどの栄養素を摂取するには、生食がオススメですよ^^。
食後のデザートにちょっと甘いブルーベリーは、本当においしいです。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2010-09-11 13:42 | 生活習慣病


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

NO.600 食物アレルギー..
at 2015-08-19 17:22
NO.599 食物アレルギー..
at 2015-08-12 13:57
NO.598 食物アレルギー..
at 2015-06-17 18:00
NO.597 食物アレルギー..
at 2015-06-10 12:11
NO.596 食物アレルギー..
at 2015-06-03 19:18

以前の記事

2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
メンタル

画像一覧