NO.327 食物アレルギー その9 「食物中毒症」

b0195635_189346.jpg


花粉症がつらい時期ですね^^。
ここ1週間くらいは晴天で風の強い日も多く、つらい思いをしている人も多いのではないでしょうか?
という私も、中学・高校時代にイギリスに行っていて花粉症になってしまったうちの一人です。向こうでは「Hay Fever(ヘイ・フィーバー)」というのですが、かなり飛んでいるのですよ。
日本に帰ってきてからも毎年この時期には悩まされていました。

ここ何年かは、食事を大幅に変えて花粉症の症状がほとんど出なくなるところまで回復しましたが(これももちろん副腎の状態がかかわります。そして油の摂り方、過敏症も・・^^)、たまに鼻がむずむずする日があります。

去年はビタミンCやケルセチンをサプリメントで摂っていましたが、今年は初めてγ-リノレン酸(月見草オイル)のサプリメントを摂ってみました。
そのところ、まったく花粉症の症状が出ないのです!
これはすごい^^。
γ-リノレン酸については以前のblogで少し触れたのでそちらを参照してみてくださいね。身体で作られる炎症を抑える側の油です。アレルギー体質の方はこれを自分で作れないケースが多いのです。
そして驚いたのが、食べ物の過敏症やアレルギーの症状もやはり出にくくなります。
自分の身体でいろいろ確認すると本当に実感できますね^^。




さて今日は、ある食べ物に中毒のようになる可能性があるというお話を。


私たちは、ある特定の食品に対して中毒症状を起こす可能性があります。もし食べた後に調子が悪化するようなら、その食品か食品に含まれる物質に中毒を起こしている可能性があるでしょう。
もちろん身体に必要な栄養素を摂取することは重要ですが、身体が欲している食べ物への強い欲求は時として間違っている場合もあります。

また食べて調子が悪化するなどの明確な状況把握ができるのなら良いのですが、自分に合わない食べ物の中で、食べるのを止められないくらい中毒になっている食品というのも存在することがあります。
もし、食べるのを止められないくらいの食品があれば、それらの食品は避けるべきです。
大抵「一口だけ」とかという理由で食べてしまう人も多いのですが、これは大きな間違いです。
ある食品に対する強い欲求は、なにかしら原因があります。


たとえば、よくあることで「低血糖症」などはどうでしょう?

この種類の中毒では、身体に何か(エネルギー)が不足しており、素早くエネルギーを補給できる何か(砂糖)を強く要求します。
そしていままで勉強してきたように、これはほんの一時的な解決策にしかなりません。
血糖値の急上昇と急降下が繰り返され、悪循環が始まりますよね。


もし、異常なほどの空腹感や食べても食べてもまだ食べられる(満腹感がない感じ)は要注意と言えるでしょう。また低血糖症でなくても言えますが、自分が中毒になっているものを食べた後に、極端に集中力が落ちたり、急激に眠くなったりするものももしかしたら、身体が間違って要求しているものかもしれません。


そういった異常な食べ物への欲求が生じた時には、その栄養素をサプリメントで補給してあげたりして様子を見たり、他のものを食べてみてその欲求が抑まるかを確認してみましょう。
そして、ある食品が自分の健康を妨げていることがわかったら、その食べ物はすぐにでも排除する方が良いと思います。
その原因は、アレルギーや過敏症、中毒の疑いがありますが、自分が好きで毎日食べているものの中に潜んでいることも多いものです。
もしどの飲食物かわからない場合は、それを突き止めていくことが重要です。

次回からのblogではその検査について詳しく話していきますが、これが突き止められれば、何度も自分の過敏症で不快な思いをしなくて済みます。
人によってはいままでの人生とまったく違う明るい生活を送れることもあるくらいなのです。


その食べ物をずっと避けなければいけないというと悲しくなる人もいるかもしれませんが、
一概にそうとは言い切れません。
食物アレルギーのひどい場合は、ずっと避けるべきですが、遅延型アレルギーや過敏症の場合、その食べ物を除去して何か月か経て、副腎機能が向上するとアレルギーが起こりにくくなり、もっと多くのものを食べられるようになります。


こうしてみていくと、自分が今、アレルギー、過敏症、中毒になっている食べ物があるかないか、それは何なのかが明確になることは、健康にとってとても重要なpointになるのというのがわかりますね^^。
特に慢性疲労や炎症性の病気、アレルギーを持っている人は一度確認してみると良いかもです。
自分の身体の不調がもしかしたら、食べ物からきているかもしれません。

次回は「食物アレルギーの検査と治療法」です。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2012-04-01 18:09 | 食物アレルギー


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

NO.600 食物アレルギー..
at 2015-08-19 17:22
NO.599 食物アレルギー..
at 2015-08-12 13:57
NO.598 食物アレルギー..
at 2015-06-17 18:00
NO.597 食物アレルギー..
at 2015-06-10 12:11
NO.596 食物アレルギー..
at 2015-06-03 19:18

以前の記事

2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
メンタル

画像一覧