NO.321 食物アレルギー その3 「食物アレルギーと胆嚢炎」

b0195635_21183191.jpg


今日は、食物アレルギーが起こす疾患について一つ例をあげていきましょう。

栄養療法の有名なジョナサン・ライト博士は、「Healing with Nutrition」の中で、胆嚢炎の患者さんは、アレルゲンとなっている食品を食べなければ、胆嚢の発作は防げると述べています。
ジェームス・ブラナマン医学博士(米国アレルギー医師会)の文献通りに、臨床で応用したところ、胆嚢炎の患者さんで発作を起こした人はなく、胆嚢を手術で切除した人はいないそうです。

これはすごいことだと思いませんか?
胆嚢炎が食物アレルギーと?
・・・そう思いますよね。
その本で紹介されていることを少しお話していきましょう。



まず前述したブラナマン医学博士の研究レポートについて。
69人の被検者に対しての研究ですが、そのうち胆石が確認されていたのは51人、すでに胆嚢を摘除されていた人も18人いましたが、彼らも胆嚢の発作に苦しんでいたそうです。
被検者全員に、アレルギーを起こしにくい食品だけで構成した食事が与えられましたが、その結果についてブラナマン博士は、「基本的なアレルゲン除去食を1週間与えただけで、すべての患者の症状が消失した」と報告しています。

実際に、患者さんたちの症状が消え去るまでに、3~5日しかかからなかったそうです。
食べた直後に胆嚢に痛みが出る食品はすぐに除去され、白黒はっきりしない食品については、短い間隔で再テストが繰り返されました。
このことで特定の薬品に過敏に反応する患者さんがいることもわかったそうです。
最終的には、1人平均4、5種類の食品を除去することによって、胆嚢の痛みを全く起こさなくなりました。中にはアレルゲンとなる食品がたったの1種類しかなかった患者さんもいますが、9種類もの食品や薬品にひっかかった患者さんもいました。69人中、64人は卵に過敏に反応したそう。
卵はアレルギー多いんですね。


通常、胆嚢炎の食療療法では、油脂が制限されますが、ブラナマン博士は「油っこい料理」も自由に食べさせていました。しかし、アレルゲンと考えられる食品を除去している限り、胆嚢の発作が起こることはなかったのです。




これはどういうことなのでしょう?

アレルゲン除去したところで、すでにできてしまった胆石を溶かすことはできません。ブラナマン博士は、アレルギー反応によって胆管(胆嚢から小腸へ胆汁を流すチューブ)が膨張することで、胆汁の流れがせき止められたり、遅れたりして胆嚢に痛みが出るのではないかと説明しています。
胆汁の流れがせき止められるのが痛みの原因だとすれば、アレルゲンを除去することで胆嚢摘除後の症状が緩和されることにも説明がつきます。
そして、本の中で、Dr.ライトはトラブルの現場が胆嚢ではなくて、胆管だとすれば、胆石の見つからない患者さんに胆嚢の発作が起きても不思議ではないといいます。

胆石ができる人とできない人では胆汁の成分構成が異なることがわかっています。しかし、胆石の有無にかかわらず、胆管の膨張を防ぐことで胆嚢の痛みを予防できるなら、痛みの原因は胆石であるという従来の常識に疑問が出てきます。

みなさんどう思いますか?



アレルギー説からいくと、胆石が胆嚢の発作や痛みを誘発するのは、石が胆管部に滑りこんで管をふさぎ、胆汁の流れをせき止めたケースに限定されるのかもしれません。
いずれにしてもこの説からいくと、胆石が胆嚢の発作の原因となっているケースは、全体から見れば多くないはずです。
Dr.ライトは、胆嚢炎の患者さんはもちろん、胆嚢を摘除した後の健康が優れない人にも、必ずアレルギー検査を受けるように勧めているそうです。

たしかに私の臨床でも、食物アレルギーを持っている人が胆嚢の辺りが痛かったり、背部痛を持っているのは、軽い胆嚢炎が起こっているのかもしれません。また、胆嚢に関わる筋肉、関節が悪くなっていることも多いものです。



それにしても、胆嚢炎に対するこのアレルギー除去の治療法は、成功率が100%だそうです!
みなさんの常識をくつがえすような結果ですよね。
なぜこんな治療法がいままで知られていないかというと、医学界では、「食物アレルギーや食物過敏性はいかなる種類の病気に対しても主要な原因にならない」という考えが主流だったからだそうですが・・・。その裏には胆嚢手術の経済利益もあるそうな。

「Guide to Healing with Nutrition」Dr.Wright’s引用


今日は、食物アレルギーの起こす病気についてみなさんに知ってほしくて、その中の一つを紹介しましたが、前回お話ししたように、その他たくさんの身体の不調に関わっているんです。
たかが食物アレルギーとは言えなくなってきたでしょ?


さて、今日はここまでにしておきますね~^^。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2012-03-05 07:16 | 食物アレルギー


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

NO.600 食物アレルギー..
at 2015-08-19 17:22
NO.599 食物アレルギー..
at 2015-08-12 13:57
NO.598 食物アレルギー..
at 2015-06-17 18:00
NO.597 食物アレルギー..
at 2015-06-10 12:11
NO.596 食物アレルギー..
at 2015-06-03 19:18

以前の記事

2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
メンタル

画像一覧