NO.142 胃 stomach その4 「胃酸分泌低下は珍しくない」

私の臨床でも、消化系の問題をもっている人に頻繁にみられるのは「胃液の不足」です。
医学の本「The Pharmacological Basis of Therapeutics」によれば、一般人の10~15%は胃液の分泌が十分でないといいます。また健康状態を崩している人に限れば、不足の割合はもっと高くなるでしょう。

この胃酸というものは、実は非常に分泌されにくいものです。個人差がありますが、民族学的に日本人は胃酸の分泌が少ない民族だと言われています。これについては、刺身だとかの生の魚を食べるというような食事行動を古くからずっと続けてきたからかもしれません。
日本人ではおよそ7割~8割が胃酸の分泌が少ないと言われています。日本人の胃腸が弱い原因が少しわかる気がしますね。


でもこの事実を意外に思う人は多いのではないでしょうか?
たしかにテレビのコマーシャルでは胃液の過剰な分泌を抑える薬の宣伝がよくされています。
しかし、実際はそういう胃薬(制酸剤)を利用している人たちに胃液不足が多くみられるのも現実なのです。


さてこの胃酸が減ってしまうことで、身体にどのような弊害が起こるのでしょう。

胃酸の消化の活動時、理想のpHは0.8~1.2と言われますが、胃酸の分泌が低下していたり、pHがアルカリ性に傾くと、まず消化過程に障害が起き、栄養吸収不良が起こるということが大きなことでしょう。現代人の3割前後が胃酸のpHが3.2くらいになっていると言われるのでかなり多くの人が関わっているとも言えます。

胃酸が低下すると胃酸に刺激されて出る消化酵素も減ってしまうとともに、胃酸低下もしくはpHがアルカリ性に傾くだけで、栄養素の吸収率が格段に減ってしまうのです。


胃酸の低下によって吸収率が落ちる栄養素としては・・・

<ミネラル>
鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・銅

<ビタミン>
葉酸、B12、B6、A、E、B1、B2、B3など

またその他アミノ酸や脂質の吸収も低下します。
これだけの栄養素の吸収が落ちてしまうと(吸収不良症候群)、身体に問題が起きるのは容易に想像できるのではないでしょうか?
どんなによい食事をしても、ビタミン類のサプリメントをとっても、思うように健康の回復しない人は、実は胃酸の不足が原因になっていることも少なくないのです。

そして、これが慢性的になってくると「慢性栄養吸収障害」になり、食べても食べてもやせてしまう人、また水を飲んだだけでも、太ってしまう人が出てきます。

消化のテーマの冒頭で述べた、人間の身体をつくる60兆個の細胞にしっかり栄養が行き届かないわけですから、大問題です。


胃酸の不足と関連している疾患を並べていくと・・・

糖尿病
甲状腺機能異常
小児喘息
慢性の発疹
湿疹
胆のう炎
骨粗鬆症
リウマチ性関節炎
副腎皮質の虚弱化
慢性肝炎
白斑
大半の腸の問題
など・・・

本当に長いリストになり、キリがありません。
また、食後膨満感、貧血、アレルギー、便秘、下痢、不眠などの日常的な症状にも関わっています。


そして胃酸には、消化を助ける以外にも重要な働きがあります。
ある論文で、ラルフ・ジャネーラ博士らは、次のように話しています。
「これまでに蓄積されているデータからみても、低酸症や無酸症がバクテリアや寄生虫による腸内感染のリスクを高める可能性は極めて高いと思われる」

要するに、胃酸の分泌が十分であれば、細菌を殺すこともできるし、消化器系の感染を最小限に抑えられるということです。

また別の論文で、W・S・J・ラデール博士らは、「胃酸の分泌が少ない場合、胃液内の亜硝酸塩の濃度が著しく高まる」と指摘しています。胃内の環境がアルカリ寄りになるほど、亜硝酸塩はニトロソアミン(発がん物質として知られている)に転換されやすくなります。
胃酸の分泌が不足している人は胃がんのリスクが高まることは、知られていますが、ラデール博士らは、胃内の亜硝酸塩濃度が高く維持されることがその一因なのではないかと推測しているそうです。
胃の中が、適切な酸性に保たれていれば、亜硝酸塩は不安定になり、たいていはトラブルを起こす前に分解されてしまいます。

またDr Wrightは、胃の中が十分に酸性になっていない人は、イースト感染にかかったり、尿中にインジカンが排泄される確率が著しく高まるとしています。尿中のインジカン濃度が高まるのは、腸内細菌の異常発生やさまざまな吸収不良性の疾患のサインになります。


このようにみていくと、
胃酸の低下、怖いですよね。
これは実は、深刻な問題でもあるのです。
胃酸分泌不足・・・もしかしたらあなた自身の胃でも起こってるかもしれません。

次回は「胃酸の分泌のチェック」です。



小菅一憲

CHIROPRATICA|健康の素晴らしさを伝える治療院


C-Magazine|カイロプラクター小菅一憲が提供する健康情報発信基地

[PR]
by chiropratica | 2011-02-18 07:09 | 消化と栄養吸収


カイロプラクティック理学士/サプリメント指導士のカラダと食を考える日記


by chiropratica

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

NO.600 食物アレルギー..
at 2015-08-19 17:22
NO.599 食物アレルギー..
at 2015-08-12 13:57
NO.598 食物アレルギー..
at 2015-06-17 18:00
NO.597 食物アレルギー..
at 2015-06-10 12:11
NO.596 食物アレルギー..
at 2015-06-03 19:18

以前の記事

2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

検索

カテゴリ

全体
骨のお話
生活習慣病
椎間板ヘルニア
逆流性食道炎
頭痛
骨粗鬆症
牛乳の話
高血圧
変形性膝関節症
炎症の話
消化と栄養吸収
腸の話
腸内細菌の話
回盲弁症候群
睡眠の話
妊娠&出産
栄養(基礎編)
低血糖症
砂糖の話
糖尿病と糖質の悪影響
副腎疲労
副腎疲労 (New)
食物アレルギー
アレルギー対策
大腸ガン
目の病気
老化
耳の病気
更年期障害
代謝の話
脳の健康
マグネシウムの話
花粉症
時間栄養学
生理前症候群PMS
腸管免疫
食べる日記
きまま日記
まじめ日記
未分類

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
メンタル

画像一覧